鹿島アントラーズの大岩剛監督

AFCチャンピオンズリーグ2017で優勝クラブはFIFAクラブワールドカップ2017への出場権を獲得することができます。でも、この試合で鹿島アントラーズは敗退しました。2017年5月31日、鹿島アントラーズの元監督石井正忠が解任され、後任には大岩剛が担任することとなりました。

大岩剛は、静岡市清水区出身の元サッカー選手です。サッカー指導者。ポジションはディフェンダー(センターバック)。元日本代表選手です。選手として2003年に磐田から鹿島アントラーズに移籍して、その後、鹿島では史上初のJ1リーグ3連覇や2度の天皇杯優勝を獲得に貢献した経験を持っています。引退後は、鹿島のコーチに就任します。

鹿島アントラーズが2017年6月4日の明治安田生命J1リーグ第14節・サンフレッチェ広島戦と対戦して、これは新監督大岩剛の初采配で、サンフレッチェ広島に3-1と勝利した初陣を振り返りました。大岩監督のリーダーシップを感じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です