鹿島アントラーズ2016ホームユニフォーム紹介

鹿島アントラーズは日本Jリーグの大人気チームとして、新シーズンのユニフォームは注目になっております。現在
鹿島の2016シーズンに向けた新ユニフォームはすでにお届け済みだが、新体制発表に合わせて実物が公開されたので改めて紹介したいです。

シャツは2003年以来の襟付きモデルを続き沿用しています。ホームは今年がクラブ創立25周年ということで、ディープレッドとネイビーによる大胆な切り替えしデザインを採用しています。アクセントカラーには、『常勝軍団』『王者』を思わせるビクトリーゴールドを用いています。
クラブの象徴であり、選手の誇りでもあるチームエンブレムは、刺繍のワッペンタイプへ変更。10冠を意味するエンブレム上部のチャンピオンスターも刺繍となっていました。メーカーロゴはいつも通りで、刺繍しています。
デザイン自体はイタリアのジェノアやカリアリを想起させます。アントラーズユニフォームの胸前にスポンサー名は少し変わります。以前は「LIXIL」同じな大きさで印刷していましたが、このシーズンは「X」文字はもっと大きくてデザインしています。ラペルネックデザインは人間の元気を現しています。背中にはイエローハットも付けています。もし、それはバナナだと思っている人も多いですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です