鹿島アントラーズ 応援歌について

今、Jリーグ2018シーズン12いに占めるのは鹿島アントラーズです。前20位のいい試合順位を取得して、鹿島アントラーズファン達にとっていいニュースでしょうね!今日は、鹿島アントラーズ応援歌を一緒に鑑賞しましょう~

ビデオ中のファン達は歌って応援歌は人に感動されでしょうね~何か心から強い力が湧きてると言う感じ。

下記は鹿島アントラーズ 応援歌 歌詞です。

“緑のフィールドを 真っ赤な歌声で包もう 俺達の思いは 永遠にこの地に受け継ぐ
晴れたって雨だって ゴール裏に集まろう 赤い旗の下に 常に勝利が待っている
アントラーズ! アントラーズ! 奴等を血の海へ
アントラーズ! アントラーズ! 我等の誇りよ

さあ旗を振って 大きく空へ飛び跳ねよう スタジアム揺さぶる ホームの力を思い知れ
俺達はここにいる どんなことがあっても 大切なものを守る 奴等の息の根を止めろ
アントラーズ! アントラーズ! 奴等を血の海へ
アントラーズ! アントラーズ! 我等の誇りよ

舞い上がる紙吹雪 たなびくフラッグ 赤く染まった スタジアム
揺さぶる歌声 地をはうリズム フットボールがあれば なにもいらない

フィールドの戦士達よ 鹿島の神を呼び起こせ 我等の誇りよ 自信と勇気を持って
アントラーズが大好きで どんな事でもできる 座ってなんかいられない 叫ばずにはいられない
アントラーズ! アントラーズ! 奴等を血の海へ
アントラーズ! アントラーズ! 我等の誇りよ”

鹿島アントラーズ 応援歌は本当にかっこいいですよね、歌詞内容も人の心に感動させて、鹿島市への深い愛情も表現して、鹿島アントラーズチームが各試合勝利への念願もしっかり表している。チーム自身の自信感と勇気を強調し、ファン達への誇りも表現します。

観戦時に、鹿島アントラーズ 応援歌を歌って、きっとアントラーズ選手達に励まされるでしょう、応援歌もチーム文化の1つだと思いますが、ファンとチーム間の絆であり、歌は人に励み效果があって、サッカーチームにとっていい事ですよね~

鹿島 ユニフォームを買いたいファン達はぜひこちらへ

 

 

鹿島アントラーズのチームエンブレム紹介

 

鹿島アントラーズは日本Jリーグのサッカークラブで、日本の茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市をホームタウンとするチームです。

本日、鹿島アントラーズのチームエンブレムについてお知りたいです。

チームエンブレムを紹介する前に、チーム名前についてちょっと話したいです。鹿島アントラーズという名前はどういう意味でしょうか。どうして鹿島アントラーズで呼びますか。いろんな疑問を持って、色々な資料を調べて、以下の結論をできました。

アントラーズのアントラーは鹿の枝角のことです。鹿島地域を代表する鹿島神宮の鹿にちなんだもので、枝角は茨城県の茨をイメージしています。鹿のように広く愛され、そして、戦いの時は、その鋭い枝角で勇猛果敢に立ち向かい勝利を目指す、という意味を込めました。

そして、アントラーは鋭くとがった鹿の枝角はチームの勇気を表現して、一番いいチームになりたい気持ちも入れています。

これは鹿の人形で、似合っていますよね。可愛くて、元気満々で、赤い服を着て、熱情もいっぱいです。

鹿島アントラーズのエンブレムは鹿の枝角を使用する以外はチーム名前のローマ字も入れてデザインしますよ。そして、カラーはグレーとレッドを使用しています。とても綺麗ですね。